日英版両方読んで、英語脳ファイナンシャルIQを両方鍛えましょう!

主な登場人物
ロバート ”金持ち父さん貧乏父さん”の著者ロバート・キヨサキ。この本の主人公。物語では9歳の少年として登場します。
マイク ロバートのクラスメート。”金持ち父さん”の実の息子。ロバートと、金持ちになるための勉強をします。
貧乏父さん ロバートの実の父。博士号を持つ優秀な人で、政府に勤務するハワイのトップエリート。本来相当な高給取りですが、なぜかお金は常に不足しています。
金持ち父さん ロバートに”金持ちになる方法”を教える。ハワイで商売を手広く手掛け、のちにハワイでも指折りの富豪になるが、このころはさほどお金持ちではない。

おなじみ日本語版です。この度、改訂版が出ました!
数多く出版された金持ち父さんシリーズの第一巻です。
英語に自信のない方は、まずはこちらから始めてみませんか?
内容は決して難しくはありません。あなたの”貧乏脳”を”金持ち脳”にかえてしまいましょう!

こちらが英語版です。日本語版が読めたら、あるいは英語で投資用語を覚えたかったら、こちらにチャレンジしてみませんか?
難しい言葉はあまり使われておらず、読みやすい一冊です。会話で使ってみたい気の利いたフレーズもいっぱい出てきますよ!

金持ち父さんキャッシュフロー・クアドラントの原書です。
「Rich Dad Poor Dad」の続編で、金持ちになるための方法がより具体的に開設されています。
「金持ち父さんの投資ガイド」の原書です。金持ちがしている投資、貧乏人や中流階級がしていない投資とは何かを学ぶことができます。

2011年03月23日

Keep your daytime job 〜 本業はそのままにして…。

Keep your daytime job,
"昼間の仕事はそのままにして、”

貧乏人、そして中間層の人々がリスクを取らないことが最大の問題であると指摘したロバート・キヨサキでしたが、ここでは一見してその意見と反対のことを言っているように思えます。
通常、われわれは、”リスクを取る”ということは、会社をやめて独立・起業したりするようなことをイメージします。しかし、ロバート・キヨサキの考えは必ずしもそうではないようです。
昼間の仕事をそのままに、つまり、仕事をやめるな…と言っているわけです。これはいったいどういうことでしょう。

but start buying real assets,not liabilities or personal effects that have no real value once you get home.

"負債や、手に入れた瞬間にまったく価値を持たなくなる個人的なガラクタではなく、本物の資産を買いはじめてください。”

ここでいう”資産”とは、お金、さらに言えばお金の流れ、すなわちキャッシュ・フローを生み出してくれるもののことでした。
たとえそれがどんなに高価であっても”マイホーム”や”マイカー”などは、あなたにお金をもたらしてくれるものではなく、奪っていくものであるため、これらは決して”資産”と呼ぶには値しないものである、というのがロバート・キヨサキの考えでした。

つまり、ロバート・キヨサキが言う”リスクを取る”ということは、この”お金を生むもの”、すなわち”資産”を買い続けなさい、ということなのです。
おそらく、資産と思われたものの中には思いがけず価値が低かったり、それどころか逆にあなたのポケットからお金を奪っていくだけのものもあるでしょう。しかし、それを恐れず、資産を買いなさい、ということなのです。

しかし、ロバート・キヨサキの言う”リスク”とは、要するにこういうことだったのです。

 
※ロバート・キヨサキは、副業を肯定しています。
 
 













posted by SHIFT-SYSTEM at 01:53 | Comment(0) | 第4章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。