日英版両方読んで、英語脳ファイナンシャルIQを両方鍛えましょう!

主な登場人物
ロバート ”金持ち父さん貧乏父さん”の著者ロバート・キヨサキ。この本の主人公。物語では9歳の少年として登場します。
マイク ロバートのクラスメート。”金持ち父さん”の実の息子。ロバートと、金持ちになるための勉強をします。
貧乏父さん ロバートの実の父。博士号を持つ優秀な人で、政府に勤務するハワイのトップエリート。本来相当な高給取りですが、なぜかお金は常に不足しています。
金持ち父さん ロバートに”金持ちになる方法”を教える。ハワイで商売を手広く手掛け、のちにハワイでも指折りの富豪になるが、このころはさほどお金持ちではない。

おなじみ日本語版です。この度、改訂版が出ました!
数多く出版された金持ち父さんシリーズの第一巻です。
英語に自信のない方は、まずはこちらから始めてみませんか?
内容は決して難しくはありません。あなたの”貧乏脳”を”金持ち脳”にかえてしまいましょう!

こちらが英語版です。日本語版が読めたら、あるいは英語で投資用語を覚えたかったら、こちらにチャレンジしてみませんか?
難しい言葉はあまり使われておらず、読みやすい一冊です。会話で使ってみたい気の利いたフレーズもいっぱい出てきますよ!

金持ち父さんキャッシュフロー・クアドラントの原書です。
「Rich Dad Poor Dad」の続編で、金持ちになるための方法がより具体的に開設されています。
「金持ち父さんの投資ガイド」の原書です。金持ちがしている投資、貧乏人や中流階級がしていない投資とは何かを学ぶことができます。

2011年01月06日

I am not saying don't buy a house. 〜 家を買うなと言うわけではない

I am not saying don't buy a house.
"私は家を買うなと言っているわけではありません。”

金持ち父さんに関して、よく誤解を受けるところなのですが、本文にも書いてある通り、ロバート・キヨサキは、決して読者に対して、”家を買ってはいけない”と言っているわけではありません。人間が生きている以上、住居は必要ですし、持ち家にするのか、賃貸住宅に住むのかは、個々の人間のライフスタイルや考え方もあるので、誰もそれを強制することはできません。

ただ、彼が主張するのは、不動産を取得した場合、固定資産税やローン、その他諸々の費用などで思わぬ出費がある…ということです。

家を買ってからこれらの費用に驚き「こんなはずではなかった」とならないようにしましょうというごく当たり前の主張です。
それに、これは収入が上がればより大きな家に…と住み替えをする傾向があったかつてのサブプライム・ローン崩壊前のアメリカでの現状でに関する問題について主に指摘しているので、今の日本で同じことが言えるかと言うと、必ずしもそうは言えません。実際

When I want a bigger house,I first buy assets that will generate a cash flow to pay for the house.
"私がより大きな家がほしかったら、まずは家の出費に見合ったキャッシュ・フローを生成する資産を購入する。”

と、言っています。資産(assets)とは、プラスのお金の流れ(cash flow)を生み出す、つまり収入を生むものですから、家を大きくするのはそれに見合った費用を賄う安定した収入を得てから…ということになるわけです。

当たり前のことですが、こと家のことになると、人はそのようなことを忘れてしまうようです。

※キャッシュフローゲームには、並行輸入盤もあります。








posted by SHIFT-SYSTEM at 17:31 | Comment(0) | 第3章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。