日英版両方読んで、英語脳ファイナンシャルIQを両方鍛えましょう!

主な登場人物
ロバート ”金持ち父さん貧乏父さん”の著者ロバート・キヨサキ。この本の主人公。物語では9歳の少年として登場します。
マイク ロバートのクラスメート。”金持ち父さん”の実の息子。ロバートと、金持ちになるための勉強をします。
貧乏父さん ロバートの実の父。博士号を持つ優秀な人で、政府に勤務するハワイのトップエリート。本来相当な高給取りですが、なぜかお金は常に不足しています。
金持ち父さん ロバートに”金持ちになる方法”を教える。ハワイで商売を手広く手掛け、のちにハワイでも指折りの富豪になるが、このころはさほどお金持ちではない。

おなじみ日本語版です。この度、改訂版が出ました!
数多く出版された金持ち父さんシリーズの第一巻です。
英語に自信のない方は、まずはこちらから始めてみませんか?
内容は決して難しくはありません。あなたの”貧乏脳”を”金持ち脳”にかえてしまいましょう!

こちらが英語版です。日本語版が読めたら、あるいは英語で投資用語を覚えたかったら、こちらにチャレンジしてみませんか?
難しい言葉はあまり使われておらず、読みやすい一冊です。会話で使ってみたい気の利いたフレーズもいっぱい出てきますよ!

金持ち父さんキャッシュフロー・クアドラントの原書です。
「Rich Dad Poor Dad」の続編で、金持ちになるための方法がより具体的に開設されています。
「金持ち父さんの投資ガイド」の原書です。金持ちがしている投資、貧乏人や中流階級がしていない投資とは何かを学ぶことができます。

2010年11月18日

Comic book library 〜 マンガ図書館

Soon our comic-book library was open to public.

"すぐに私たちのマンガ図書館は公開されたのだった。”
マーティン婦人の雑貨店で売れ残った雑誌を引き取って始めたロバートとマイクのビジネス…それは、マンガ図書館でした。
表紙が無いだけで、中身はまったく問題ない本を、マイクの家の地下室を図書室として利用することによって解放したのです。そして、二人はマイクの妹を司書として雇いました。


She charged each child 10 cents admission to the library.


”彼女は子供たち各々から図書館の入場料として10セント徴収した”
chargeは、すでに日本語にもなっていますが、お金などを徴収するという意味です。admissionはこの場合、入場料。

それにしても、なかなか良いアイディアを思い付いたものです。


Mike and I averaged $9.50 per week over a three-month period.


"マイクと私は、3カ月強の期間で平均9ドル50セント稼いだ”

averageは、”平均”を意味する名詞としての使い方が一般的ですが、このように動詞で用いる場合「平均して〜だ」というような表現が出来ます。また、文脈から、平均した数字が、稼いだ金額だとわかります。ただわれわれ外国人にはなかなか出てこない表現で、ネイティブならではの表現だといえるでしょう。けれど、これが使いこなせると格好いいですよね。

かくして、時給10セントで働いていた二人が、1950年代の子供としては驚異的な売り上げをたたき出すにいたったのです。
さて、この成果に満足した金持ち父さんは、二人にビジネスの中止を命じます。もう学びの第一段階は終了した、と判断したのです。

※世界屈指の大富豪、ウォーレン・バフェットも、子供時代から自分のビジネスをやっていました。













そして、こちらが原書です。






posted by SHIFT-SYSTEM at 15:06 | Comment(0) | 第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。