日英版両方読んで、英語脳ファイナンシャルIQを両方鍛えましょう!

主な登場人物
ロバート ”金持ち父さん貧乏父さん”の著者ロバート・キヨサキ。この本の主人公。物語では9歳の少年として登場します。
マイク ロバートのクラスメート。”金持ち父さん”の実の息子。ロバートと、金持ちになるための勉強をします。
貧乏父さん ロバートの実の父。博士号を持つ優秀な人で、政府に勤務するハワイのトップエリート。本来相当な高給取りですが、なぜかお金は常に不足しています。
金持ち父さん ロバートに”金持ちになる方法”を教える。ハワイで商売を手広く手掛け、のちにハワイでも指折りの富豪になるが、このころはさほどお金持ちではない。

おなじみ日本語版です。この度、改訂版が出ました!
数多く出版された金持ち父さんシリーズの第一巻です。
英語に自信のない方は、まずはこちらから始めてみませんか?
内容は決して難しくはありません。あなたの”貧乏脳”を”金持ち脳”にかえてしまいましょう!

こちらが英語版です。日本語版が読めたら、あるいは英語で投資用語を覚えたかったら、こちらにチャレンジしてみませんか?
難しい言葉はあまり使われておらず、読みやすい一冊です。会話で使ってみたい気の利いたフレーズもいっぱい出てきますよ!

金持ち父さんキャッシュフロー・クアドラントの原書です。
「Rich Dad Poor Dad」の続編で、金持ちになるための方法がより具体的に開設されています。
「金持ち父さんの投資ガイド」の原書です。金持ちがしている投資、貧乏人や中流階級がしていない投資とは何かを学ぶことができます。

2010年10月20日

When it comes to money 〜 お金のこととなると

When it comes to money,play it safe,don't take risks.

"When  it comes to 〜,・・・."という表現は、”のこととなると、・・・だ"という意味になります。
よって、この文章は、”お金のこととなると、安全第一、リスクはとるな。”といったところでしょうか。誰の態度でしょう?
これは、”貧乏父さん”の考え方です。貧乏父さんの主張は、「良い学校を出て、高い学歴を身につけ、高給をとれる仕事につけ」ということでした。

前回の”I can't affor it."の回にも述べたとおり、貧乏父さんはお金に関しては消極的。更にはこんなことまで言っています。

The reason I'm not rich is because I have you kids.   
"私がお金持ちじゃないのは、君ら子供たちがいるからだ
I'll never be rich.                                
"私は金持ちにならないだろう
I'm not interested in money.                     
"私はお金に興味が無い"
Money does'nt matter.                                                  
" お金は問題じゃない"

・・・と、本当に”こと、お金となると”非常に消極的、もしくは後ろ向きであることがわかります。とくに「おまえがいるから金持ちじゃない」なんて言われると、子供としても困ってしまいますよね。

貧乏父さんは、始終こういうことを言っているわけではないことは確かでしょう。しかし、こういった小さな積み重ねが、大きな結果の違いとなってくるわけですから、言葉というのは恐ろしいですね。

※考え方、口癖が、その人の人生を決めてしまうと言う事は、本当のことです。












posted by SHIFT-SYSTEM at 07:18 | Comment(0) | 第1章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

How can I affor it? 〜 どうやったら手にいるの?

I cannot affor it.

"それは(お金が無いから、高すぎるから)手に入らない”というのが貧乏父さんの口癖でした。
貧乏父さんは、ロバート・キヨサキの実父で、博士号をもち、ハワイの教育行政の頂点まで上り詰めた、学歴・年収ともに高いエリートでした。

金持ち父さんは、ロバートにその言葉を禁じます。かわりに

How can I afford it?

"どうやったら、それが手に入るのだろう

と考えさせるのでした。ロバートが子供のころ、”金持ち父さん”は”貧乏父さん”よりも明らかに社会的身分も、年収も下でした。のち、それが逆転し、のみならず途方もなく差が開いていくのですが、その原因はそもそもこの考え方の習慣の違いによるものだ、というのがロバート・キヨサキの主張です。

なぜなら、”手に入らない”と思った瞬間、人間は考えるのをやめてしまうからです。つまり、その言葉を口にするということは、怠惰な心を持っているということに異ならないからなのです。

これら二つの習慣の違いは無意識のものかもしれません。けれど、その無意識な言葉の積み重ねが、これだけ大きな結果の違いに結びついてくるのですから。
posted by SHIFT-SYSTEM at 14:26 | Comment(0) | 第1章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

The richer get richer 〜 金持ちはより金持ちに

the rich get richer,the poor get poorer,...

金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏になる”という意味です。日本でもよく言われますが、なんとも世知辛い話ですね。

the+形容詞で、”〜な人”、”〜な人々”の意味を表します。つまり、"the rich"は、「お金を持った人」もしくは「お金を持った人々」となるわけです。

では、この文章の場合はどちらなのでしょう?カギは、次に出てくる動詞にあります。もしも単数なら、”get"ではなく、"gets"になっているはずです。つまり、ここから、この場合は「金持ちな人々」ということがわかります。

よって、この文章をより正確に訳すと「金持ちたちはより金持ちになり、貧乏人たちはより貧乏になる」ということになるわけですね。もう、こちらのほうが明らかに”格差社会”という感じがして、より悲しい感じがしますね。

では、なぜそのようなことになるのでしょう?それは、「お金に対する教育」によるものだ、というのが作者のロバート・キヨサキの主張です。

具体的にはどうなっているのか…それが次回以降の重要なテーマになります。

※アメリカに限らず、金持ちはより金持ちに、貧乏はより貧乏になる格差社会の問題は深刻です。














続きを読む
posted by SHIFT-SYSTEM at 20:55 | Comment(0) | 第1章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。